天鐘(8月6日)

作家の重松清さんに『カタカナの街』と題する一文がある。7年前の冬、取材で広島を訪れたときのことだ。友人と食事をした後のタクシーの中から原爆ドームが見えた▼ドームはその年、建設からちょうど100年であることを友人から教えられる。「へぇ」と、不.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録