途中経過公表、異例の対応/安倍氏銃撃で警察庁検証

 二之湯智国家公安委員長(上)と中村格警察庁長官(左)と鬼塚友章奈良県警本部長(右)のコラージュ
 二之湯智国家公安委員長(上)と中村格警察庁長官(左)と鬼塚友章奈良県警本部長(右)のコラージュ
安倍晋三元首相銃撃事件で、警察庁が5日、警護態勢の検証作業の途中経過を明らかにした。8月下旬に予定している最終的な検証結果を公表するのを前に、報道機関に説明するのは極めて異例の対応だ。多くの聴衆が集まる街頭演説中に発砲を許し、要人を守れなか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録