【キエフ・バレエ八戸公演】ウクライナ、知って感じて 胸打つ踊りに拍手やまず

フィナーレを飾った演目「バヤデルカ」が終わると、観客は立ち上がって拍手を送り続けた=5日、八戸市公会堂
フィナーレを飾った演目「バヤデルカ」が終わると、観客は立ち上がって拍手を送り続けた=5日、八戸市公会堂
バレエを通じウクライナの文化を知ってほしい―。5日、八戸市公会堂で公演した名門バレエ団「キエフ・バレエ」。ロシアによる侵攻後、初の海外公演の地として日本を選んだ。苦難の中で踊り続けるダンサーに対し、各地で広がる支援の輪。エレーナ・フィリピエ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録