魚粉抑えた養殖マダイ販売 愛媛、水産資源維持目指す

 餌に使う魚粉の量を抑えて育てた、赤坂水産の「白寿真鯛0」(同社提供)
 餌に使う魚粉の量を抑えて育てた、赤坂水産の「白寿真鯛0」(同社提供)
愛媛県西予市の養殖会社「赤坂水産」が、餌に使う魚粉の量を抑えて育てたマダイを売り出した。魚粉の生産には天然のカタクチイワシを大量に使う。水産資源の維持につながるブランド魚として注目を集めており、事業を手がける赤坂竜太郎取締役(36)は「大手.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録