【インターハイ】悔しい銅「最低限の結果」/レスリング男子の小川

レスリング男子個人55キロ級では小川大輝(工大一)が準決勝で敗れ、昨夏の51キロ級に続く3位入賞。ただ、高校生活初の日本一を見据えていただけに、銅メダルには納得していない。「優勝したかった。(3位は)最低限の結果だ」と淡々と語った。 準決勝.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録