被爆後の苦闘、精神息づく 「大きな誇り」水道、電気/広島

 77年前に被爆し、今も市内を走る広島電鉄の路面電車=3日午後、広島市中区
 77年前に被爆し、今も市内を走る広島電鉄の路面電車=3日午後、広島市中区
米軍が広島市に原爆を投下した1945年8月6日、街は一瞬で壊滅し、生活インフラも機能を停止した。だが、職員らの苦闘により、水道はその日のうちに、電気は翌7日には一部で復旧。路面電車も9日に動き出した。その精神は77年を経た現在、災害時にイン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録