子ども感染増、検査に殺到 発熱外来、医師ら悲鳴

 検査前にマスクを重ねて着ける「はまかぜこどもクリニック」の青木康之院長=7月、横浜市(同クリニック提供)
 検査前にマスクを重ねて着ける「はまかぜこどもクリニック」の青木康之院長=7月、横浜市(同クリニック提供)
新型コロナウイルス流行「第7波」では、子どもの感染も増えており、小児科の発熱外来の逼迫(ひっぱく)が深刻になっている。検査希望の患者が殺到しているためで、影響は一般診療などにも及ぶ。限界を感じる現場の医師からは「医療崩壊が始まっている」と悲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録