深まる危機、交渉緊迫 被爆国日本、薄れる存在感/NPT再検討会議

ロシアのウクライナ侵攻を機に核兵器の脅威が深刻化し、核拡散防止条約(NPT)再検討会議は1970年の条約発効以来「最悪の国際情勢」(外交筋)で開幕した。加盟国の分断と対立は深まるが、会議決裂とNPT体制崩壊の回避で思惑は一致。軍縮と安全保障.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録