規格外品、カット販売開始へ 長雨で打撃の夏大根/八戸中央青果

正品にならない大根から、可食部分を切り分ける作業員=7月下旬、十和田市
正品にならない大根から、可食部分を切り分ける作業員=7月下旬、十和田市
北奥羽地方の夏大根が7月中旬までの長雨で打撃を受けている。畑の水分が増え過ぎたことで収穫前に傷みが進行。出荷量は例年の半分から3分の1程度にとどまる。影響は現在も続いていることから、農産物卸売会社の八戸中央青果は、落ち込みが懸念される生産者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録