包丁で部屋の壁に穴 建造物損壊疑い、八戸の男逮捕

八戸署は2日、建造物損壊の疑いで、八戸市小中野2丁目、建設作業員の男(26)を逮捕した。 逮捕容疑は2日午前8時ごろ、自身が住むアパートの部屋の壁を包丁で突き刺し、十数センチ台の穴を開けた疑い。同居の家族が署に申告した。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録