民謡とジャズの初コラボ 八工大で自動採譜使った特別公開授業

民謡とジャズのコラボレーションを披露したデビッド・マシューズさん(右)と松田隆行さん(中央)
民謡とジャズのコラボレーションを披露したデビッド・マシューズさん(右)と松田隆行さん(中央)
三味線の演奏を自動で譜面に起こす「自動採譜装置」の研究に取り組む八戸工業大大学院の小坂谷壽一教授は7月28日、民謡音源から採譜した西洋譜を活用し、民謡歌手とジャズの演奏家が初協演する特別公開授業を同大で開催した。受講した学生ら約100人が異.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録