北端の島で本場のパンを 活気回復に一役、北海道

 パンを手にする「PORTO COFFEE」の白戸浩明さん=7月、北海道利尻富士町
 パンを手にする「PORTO COFFEE」の白戸浩明さん=7月、北海道利尻富士町
こんがりと焼けたドイツ産プレッツェルに、芳醇(ほうじゅん)なバターが香るフランス産クロワッサン―。北海道の北端に浮かぶ利尻島の港に、欧州から輸入したパン生地を焼き上げて提供する店がある。港周辺では店主の高齢化などを理由に閉店が相次ぎ「島の玄.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録