【インターハイ】冷静保ち18年ぶり8強入り/レスリング団体の工大一

レスリング団体で、工大一が2001年以来21年ぶり、青森県勢としては18年ぶりの8強入りを決めた。多度津(香川)との3回戦では、メンバー一人一人が冷静な戦いを繰り広げて快勝。髙橋海斗主将は「相手の攻撃をかわして、カウンターで点を奪えた」と納.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録