注目の素材、どら焼きにイン 植物由来、しみず食品が商品化

新素材「セルロースナノファイバー」を生地に取り入れ開発した生どら焼き
新素材「セルロースナノファイバー」を生地に取り入れ開発した生どら焼き
菓子の製造や販売を手がける「しみず食品」(八戸市、田中洋社長)が、木材などに含まれる繊維をほぐして作られた植物由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を活用し、生どら焼きを開発した。4日に同市の八食センター内に新店舗をオープンする.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録