「捜査尽くした」全否定 懸念現実、問われる検察/関電旧経営陣、起訴相当

 検察審査会の審査の流れ
 検察審査会の審査の流れ
大阪第2検察審査会が、関西電力の旧経営陣らについて「起訴相当」などと議決した。大阪地検特捜部は「捜査を尽くした」としてきたが、検察内部では、以前から議決によって再捜査を余儀なくされる「検審バック」を危惧する声は出ていた。懸念が現実となった中.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録