原爆の標的、なぜ広島、小倉、長崎 軍事拠点として発展の歴史

 原爆の標的とされた3都市
 原爆の標的とされた3都市
太平洋戦争末期の77年前、米国は、広島、小倉(現北九州市)、長崎の3市を原爆の標的とした。背景には、軍事拠点として発展した歴史があった。それぞれの町には、二度と悲劇を繰り返させないため歴史を語り継ごうとする人がいる。 ▽広 島 1945年8.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録