中国7月の景況感節目割れ 2カ月ぶり、コロナ影響

【北京共同】中国国家統計局は31日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が7月は49・0だったと発表した。前月から1・2ポイント下落。好不況を判断する節目の50を2カ月ぶりに割り込んだ。6月には景気回復の兆しも出ていたが、当局の厳格な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録