東部住民に強制退去命令 戦闘地域になお数十万人

 ウクライナ・バフムトで砲撃を受けた家屋=30日(ゲッティ=共同)
 ウクライナ・バフムトで砲撃を受けた家屋=30日(ゲッティ=共同)
【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は30日のテレビ演説で、ロシア軍との激戦が続く東部ドネツク州の住民に強制退去を命じる考えを示した。ロシアが完全支配を狙う同州や隣接するルガンスク州の戦闘地域に、数十万人のウクライナ市民がなおとどま.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録