【インターハイ】初戦敗退も守備面で成長/ハンドボール男子の三本木

【ハンドボール男子1回戦・三本木―四日市工(三重)】前半10分、三本木はマレル・シェイン(左上)がシュートを決め、5―4とする=松山市北条スポーツセンター体育館
【ハンドボール男子1回戦・三本木―四日市工(三重)】前半10分、三本木はマレル・シェイン(左上)がシュートを決め、5―4とする=松山市北条スポーツセンター体育館
ハンドボール男子の三本木は攻守がかみ合わず、無念の初戦敗退。勝敗を分けたのはシュート直前のラストパスの精度。祐川俊平主将は「単純なパス、キャッチミスをしたことで、速攻を許してしまった。相手とはボールへの執着心が違った」と悔しがった。 前半を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録