時評(7月31日)

東京電力福島第1原発の処理水海洋放出計画を原子力規制委員会が「安全性に問題はない」と認可した。東電が来春目指す放出に向けた本格工事には福島県と大熊、双葉2町の同意が必要だ。地元自治体の長は風評被害を受ける恐れがある漁業者らの意見を尊重、最優.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録