Free朝のニュースダイジェスト(7月31日)

【コラボパンを先行販売】
 大湊海自カレー普及会と大湊Sora空っ!普及会が、工藤パン(青森市)と開発した「大湊海自カレーパン 護衛艦ゆうだちカレー味」と「大湊Sora空っ!ロール空海」が30日、むつ市内のスーパーやドラッグストアで先行販売された。8月1日から青森県内各店で販売される。

 【店名と店番号を変更】
 青森銀行とみちのく銀行を子会社に持つ「プロクレアホールディングス」は、2025年1月の両行合併とシステム事務の統合に先立ち、11月から来年6月にかけて計89営業店で店名や店番号を変更する。

 【子ども権利に理解深める】
 国際非政府組織(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」は30日、来年4月のこども家庭庁発足を見据え、青森市で「子ども・ユースキャラバン」を開催した。参加した子どもたちが国会議員らとの意見交換などを通じ、「子どもの権利」に理解を深めた。

 【感染者9万人超え】
 青森県は30日、1389人の新型コロナウイルス感染を確認し、1人が死亡したと発表した。みなし陽性は134人で計1523人。みなし陽性を含めた感染者数は累計9万114人となり、9万人を超えた。

 【いざ、本番へ】
 約300年の歴史を誇る八戸三社大祭は31日、開幕する。新型コロナウイルス流行後、初となる山車運行を控える八戸市中心街では前日の30日、子どもたちがにぎやかにお囃子を響かせ、祭りムードを盛り上げた。

お気に入り登録