「このアイデアすごくない?」 三農恵拓高で自作「弁当の日」

お手製の弁当を持ち寄った生徒
お手製の弁当を持ち寄った生徒
青森県立三本木農業恵拓高(中村豊校長)の普通科1、2年生が25日、「弁当の日」として手作りの弁当を学校に持参した。食に対する理解を深め、保護者への感謝の気持ちを感じながら味わった。 弁当の日は、2001年に香川県の小学校で校長を務めていた竹.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録