誤算の連鎖、盟友起用幻に 安倍派反発、慣例無視批判/国会追悼演説先送り

 自民党安倍派と甘利前幹事長を巡る現状
 自民党安倍派と甘利前幹事長を巡る現状
自民党が8月の臨時国会で予定していた安倍晋三元首相の追悼演説は、誤算が相次ぎ秋の臨時国会以降に先送りとなった。最大の読み違いは、元首相がけん引した安倍派の反発。演説に立てる方向だった盟友・甘利明前幹事長の言動に、同派がかみついた。野党党首級.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録