【インターハイ】後半に底力発揮、逆転勝利で8強/バスケ女子の柴田

バスケットボール女子の柴田が2年連続の8強入りを決めた。3回戦は11点差で前半を折り返す苦しい展開だったが、後半に底力を発揮し、堂々の逆転勝ち。チーム最多の26点をマークした佐々木杏花は「自分たちのプレースタイルで逆転できたのは自信につなが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録