生産運転再開、原燃が来年2月に延期 ウラン濃縮工場、作業ミスで

日本原燃は29日、9月としていたウラン濃縮工場(六ケ所村)の生産運転再開が5カ月ずれ込み、2023年2月になると明らかにした。配管用ヒーターの付け替えに伴う工事で2度にわたり作業ミスが発生し、新規制基準に基づく追加の安全対策工事が遅れたのが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録