岩波ホール54年の歴史に幕 ミニシアター文化の先駆け

 過去の上映作品のチラシが張られた岩波ホールのロビー=東京都千代田区
 過去の上映作品のチラシが張られた岩波ホールのロビー=東京都千代田区
1968年に開館し、日本のミニシアター文化を支え続けてきた東京・神田神保町の映画館「岩波ホール」が29日閉館し、54年にわたる歴史に幕を下ろす。新型コロナウイルスの影響による経営悪化が理由という。 最後の上映作品はベルナー・ヘルツォーク監督.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録