「弔意強制」懸念拭えず 全額国費、社会の理解焦点/安倍元首相国葬

 国葬を巡る主な論点
 国葬を巡る主な論点
政府は28日、安倍晋三元首相の国葬に向けた準備を本格化させた。賛否が割れている状況を踏まえ、国民に服喪を求めた戦前との違いを強調するが、「弔意の強制」につながるとの懸念は拭えない。全額国費負担の是非も含め、幅広い理解を得られるかが焦点になり.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録