協議期待も廃線警戒強く 地域インフラ支援問われる/JR東・路線収支

 JR東日本が公表した主な地方路線・区間の経営状況
 JR東日本が公表した主な地方路線・区間の経営状況
JR東日本が地方路線ごとの厳しい収支を初公表した。人口減や新型コロナウイルス禍で鉄道利用が低迷する中、国が設置を決めた沿線自治体との協議の場でバス転換などの検討促進に期待する。ただ廃線への布石と警戒する声は強く、地域の重要インフラの支援で合.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録