【JR東・赤字路線公表】沿線自治体「観光の基盤」「必要不可欠」

釜臥山を背に運行するJR大湊線の車両=28日、むつ市
釜臥山を背に運行するJR大湊線の車両=28日、むつ市
青森県南、岩手県北地方の沿線自治体は、各路線が地域住民に必要な交通手段であることを強調。存続に向けて状況を注視しつつ、利用率向上へ主体的に対策を講じる姿勢を示した。 八戸市の熊谷雄一市長は、八戸線が県境を越え、経済・生活圏を共有する圏域住民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録