水道管腐食が原因、61センチ亀裂 八戸市沢里、糠塚地区の漏水事故

5月に八戸市糠塚蟹沢付近の国道340号で発生した水道管の漏水事故で、八戸圏域水道企業団は28日、事故の調査結果を公表した。鋳鉄製の水道管の底側に長さ61センチの亀裂があり、管体の材質や強度に問題は見られなかったため、腐食が漏水の原因と結論付.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録