Free八戸高、決勝T進出 八戸西高は敗者戦へ/短歌甲子園

第17回全国高校生短歌大会「短歌甲子園2022」(同大会実行委員会主催)は28日、盛岡市で団体戦1次リーグが行われた。昨年準優勝の青森県立八戸は決勝トーナメントに勝ち進んだが、昨年優勝の県立八戸西は惜しくも敗れ、敗者復活戦に回った。

 1次リーグは、出場21校が3校ずつの7ブロックに分かれて総当たり戦を行い、各校が先鋒(せんぽう)、中堅、大将の順に短歌を詠んで勝敗を競い合った。青森県勢では弘前学院聖愛も勝ち上がった。

 最終日の29日は、各ブロック1位と、敗者復活戦を勝ち上がった計8校が、決勝トーナメントで激突。2年ぶりの頂点を狙う八戸は、1回戦で岩手県立盛岡第三と対戦する。また、個人戦も行われる。

お気に入り登録