火星の石33年に地球へ

 火星の石などを地球に持ち帰る計画のイメージ。(1)火星探査機パーシビアランス(2)試料を受け取る着陸機(3)上空に送るロケット(4)地球に届ける周回機(5)探査機が自力で動けない場合はヘリコプターが取りに行く(NASA提供・共同)
 火星の石などを地球に持ち帰る計画のイメージ。(1)火星探査機パーシビアランス(2)試料を受け取る着陸機(3)上空に送るロケット(4)地球に届ける周回機(5)探査機が自力で動けない場合はヘリコプターが取りに行く(NASA提供・共同)
【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)は27日、生命の痕跡をとどめている可能性がある火星の石や土壌などの試料を2033年に地球に持ち帰るとの目標を明らかにした。現在、探査車パーシビアランスが現地で収集中。これを回.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録