「核の被害、生涯続く」 被爆者、危機感抱えNYへ

 インタビューに答える長崎県被爆者手帳友の会会長の朝長万左男さん
 インタビューに答える長崎県被爆者手帳友の会会長の朝長万左男さん
8月1日に米ニューヨークの国連本部で始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせて現地入りする被爆者は、近年にない危機感を抱いている。ロシアのウクライナ侵攻で、核兵器の脅威が顕在化したからだ。「いったん使われれば、被害は生涯続く」。核の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録