中東アフリカ、米欧と一線 ロ外相を歓迎、批判回避/ウクライナ産穀物の停滞で

 ロシア外相の中東アフリカ歴訪(写真はロイター)
 ロシア外相の中東アフリカ歴訪(写真はロイター)
ロシアのラブロフ外相が、ウクライナ産穀物の輸出停滞による食料危機にひんする中東アフリカを歴訪。米欧の対ロ制裁が食料枯渇を招いたとの自らの主張を広め、ロシア側に引き込む狙いだ。受け入れた国々はウクライナ侵攻への批判を回避、ロシアを孤立に追い込.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録