欧州、需要期前に危機感 独で原発延長議論も/ロシア産ガス供給減

 パイプライン「ノルドストリーム」の施設=11日、ドイツ・ルブミン(ゲッティ=共同)
 パイプライン「ノルドストリーム」の施設=11日、ドイツ・ルブミン(ゲッティ=共同)
ロシアがドイツに天然ガスを送る主要海底パイプライン「ノルドストリーム」経由のガス供給を大幅に削減し、欧州がエネルギー危機に直面している。欧州を揺さぶる思惑があるとみられ、ロシア産エネルギーに依存してきたドイツでは冬場の需要期を前に、メルケル.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録