手厚い補助金、コメ減産進む 穀物高、麦や大豆に追い風

 コメの相対取引価格の推移
 コメの相対取引価格の推移
2022年産の主食用米は産地での減産が進み、生産量は初の700万トン割れが濃厚となった。コメ余りで価格が下がらないよう、手厚い補助金で農家に転作を促したことが背景にある。ウクライナ危機による穀物価格高騰を追い風に、輸入に頼る麦や大豆に転作す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録