警備の隙、62年前にも 旧社会党の浅沼委員長刺殺

 演説中に刺された浅沼稲次郎社会党委員長=1960年10月12日、東京・日比谷公会堂
 演説中に刺された浅沼稲次郎社会党委員長=1960年10月12日、東京・日比谷公会堂
安保闘争が繰り広げられた激動の年、当時野党第1党だった社会党の浅沼稲次郎委員長が17歳の右翼少年に刺殺された。凶器も、犯行動機も、時代背景も異なるが、演説中に大物政治家が警備の隙を突いて狙われ、民主主義が脅かされたのは、安倍晋三元首相の銃撃.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録