【インターハイ】先制も後半失速/サッカー青森山田

前回大会王者で、今大会も優勝候補の一角に挙げられていた青森山田が初戦で散った。前半に先制しながら後半に2失点し、屈辱の逆転負け。多久島良紀主将は「チャレンジャー精神で臨んだが実力不足だった」とうつむいた。 青森山田は立ち上がりから素早いプレ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録