厳罰か保護か、極端な二択 「制度の欠陥」指摘も/福岡の商業施設殺人

 主な少年法改正
 主な少年法改正
事件当時15歳だった少年(17)に、懲役刑を科すのか、それとも少年院送致といった保護処分を念頭に家裁移送とするのかが焦点となった福岡市の女性刺殺事件の裁判員裁判。福岡地裁が25日に出した結論は、懲役10年以上15年以下の不定期刑だった。近年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録