サル痘感染、国内初確認 都内30代男性、欧州渡航歴 WHOが緊急事態宣言

 サル痘ウイルス(米疾病対策センター提供・共同)
 サル痘ウイルス(米疾病対策センター提供・共同)
欧米を中心に患者が増加しているウイルス感染症の「サル痘」について、厚生労働省や東京都は25日、都内の30代男性の感染が確認されたと発表した。国内での感染確認は初めて。男性は6月下旬~7月中旬に欧州に滞在し、帰国後の7月15日に倦怠(けんたい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録