「風化させたらあかん」 被害者家族、今夏も現場に/和歌山カレー事件24年

 事件現場となった夏祭り会場の跡地を訪れ、花を手向ける杉谷安生さん=25日午前、和歌山市
 事件現場となった夏祭り会場の跡地を訪れ、花を手向ける杉谷安生さん=25日午前、和歌山市
1998年に和歌山市の夏祭り会場で4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になった毒物カレー事件から、25日で24年となった。「被害者の会」の副会長を務める杉谷安生さん(75)は、葛藤を抱えながら今年も会場の跡地を訪れ、花を手向けて犠牲者をしのん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録