【大相撲】逸城初V、盛り上がりは? 大量休場も12勝止まり

逸ノ城の初優勝は盛り上がりを欠いた点が否めない。本人に非はないが、終盤戦に新型コロナウイルス関連の大量休場者が出て取組編成にも苦慮する事態。12勝の成績も決して高いレベルとは言えない。 新大関の曙が全休した30年前の名古屋場所は西前頭筆頭の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録