【南部氏誕生 光行と「鎌倉殿」の時代】(8)消えた光行

井戸跡が残る「南部氏の館跡」。奥の南部城山(古城山)も居城跡との伝承がある=山梨県南部町南部
井戸跡が残る「南部氏の館跡」。奥の南部城山(古城山)も居城跡との伝承がある=山梨県南部町南部
建久10(1199)年1月、東国に武家政権を打ち立てた「鎌倉殿」源頼朝が死んだ。その後、頼朝の御家人として活動した南部光行の動向も、『吾妻鏡(あずまかがみ)』など鎌倉幕府関連の史料から追えなくなる。同8年3月、頼朝の善光寺(現長野市)参詣に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録