呉さん『爆弾』に込めた思い語る 「タゴサク自分の中にも」

「タゴサクのキャラクターは遠慮せず思い切り書いた。どう読まれるか楽しみ」と語る呉勝浩さん=東京都内
「タゴサクのキャラクターは遠慮せず思い切り書いた。どう読まれるか楽しみ」と語る呉勝浩さん=東京都内
受賞は逃したものの、『爆弾』で3度目の直木賞候補となった呉勝浩さん。『爆弾』は、東京都内で次々起きる爆破事件を巡るミステリーで、爆破を予告して警察とスリリングな心理戦を展開する男「スズキタゴサク」が強烈な存在感を放つ。ノミネート後の取材で呉.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録