米、緊急事態宣言を歓迎 サル痘「国際協調不可欠」

【ワシントン共同】世界保健機関(WHO)がウイルス感染症「サル痘」を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言したことについて、米ホワイトハウスで感染症対策を担当するパンジャビ調整官は23日、感染拡大を食い止めるため「国際的に協調した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録