Free【月刊Dash】クラブ日本一決める舞台へ/八戸卓球アカデミー

八戸卓球アカデミー
八戸卓球アカデミー

卓球のクラブチーム日本一を決める第41回全日本クラブ選手権(9月22~25日・石川県)の小中学生部門に、八戸市のクラブチーム「八戸卓球アカデミー」が男女そろって初出場する。メンバーは本番での健闘を誓い、目を輝かせながら日々の練習に打ち込んでいる。

 同アカデミーは同市出身の元実業団選手、沼田勝さん(37)が「地元から五輪選手を育てたい」と、2019年に立ち上げた。

 元々は八戸市水産会館で活動していたが、昨年春には同市鮫町に練習拠点が完成。昨夏の東京五輪・パラリンピック会場で使われた真っ赤なフロアマットが全面に敷かれ、今年1月の全日本選手権で使用された卓球台も並ぶ環境で、現在は市内外の小学生-高校生約30人が週5~6日、大舞台の雰囲気を感じながら腕を磨いている。今年4月に青森市で行われた青森県予選には、小学生2人を含む男子5人チーム、女子4人チームで挑戦。男女共に3チームによる4シングルス、1ダブルスのリーグ戦で争った結果、同アカデミーは男女共に2戦全勝で晴れ舞台への切符を手にした。

 男子リーダーの根城健太郎(13)=市立根城中2年=は「県大会は接戦の試合もあった。目標だった全国大会出場を決められて、とてもうれしかった」と喜んだ。その上で「全国大会に向けてフットワークやドライブのレベルアップに努める」と意気込んだ。

 昨夏の全日本選手権カブ(小学3、4年)ベスト16の注目株も擁する女子は、男子以上に余裕のある勝ち方での県大会V。女子リーダーの増田小桜(15)=市立東中3年=は「あこがれの伊藤美誠選手(スターツ)のように、強打に磨きをかけていく。全国大会では上位を目指して頑張る」と気合十分だ。

お気に入り登録