鮫と白銀、若い力でクリーンに 八水高生が清掃奉仕

岩場で清掃活動に励む八戸水産高の生徒ら
岩場で清掃活動に励む八戸水産高の生徒ら
青森県立八戸水産高(嵯峨弘章校長)は15日、清掃活動「八水クリーン作戦」を八戸市鮫、白銀両地区で展開し、生徒約200人が環境美化に汗を流した。 今年で30回目。作戦を前に生徒会長の佐々木俊祐さんが「鮫、白銀地区に恩返しをして、きれいな環境に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録