捕獲枠減、鯨肉高級路線へ 商業再開3年、収益増模索

 「築地ボン・マルシェ」のキャビアをのせた尾肉の白エビ巻き=7日午後、東京都中央区
 「築地ボン・マルシェ」のキャビアをのせた尾肉の白エビ巻き=7日午後、東京都中央区
日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、商業捕鯨を再開して、7月で3年になった。業者は捕獲枠が抑えられた中で収益を確保するため、希少な部位を生肉で流通させたり、新たな食べ方を提案したりして、庶民の味として親しまれた鯨肉の高級路線化を模索する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録