【県境産廃】原状回復事業、本年度内に完了へ 浄化対策、整地にめど

田子町と二戸市にまたがる県境の産業廃棄物不法投棄問題で、岩手県は23日、現場内で有害物質「1、4ジオキサン」を調査している井戸が、8月末までに全て浄化完了となる見通しを示した。整地作業も11月ごろまでにほぼ終わる予定で、産廃特措法の期限を迎.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録