【高校野球青森】鉄壁二遊間、鮮やか併殺/八学光星

【八学光星―工大一】2回工大一1死一塁、八学光星は井坂泰三(右)からボールを受けた中澤恒貴(左)が一塁へ送球し、4―6―3の併殺とする
【八学光星―工大一】2回工大一1死一塁、八学光星は井坂泰三(右)からボールを受けた中澤恒貴(左)が一塁へ送球し、4―6―3の併殺とする
初回、内野安打と単打で1死一、二塁のピンチを迎えた八学光星。試合の行方を左右する緊迫した場面で、井坂泰三、中澤恒貴の鉄壁の二遊間が、4―6―3の鮮やかな併殺で切り抜け、直後の先制点を呼び込んだ。 「打者のデータ分析を徹底し、捕手の配球も考え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録